50種類のグラスワインとこだわりのパスタが楽しめるお店「夏への扉」

横浜保土ヶ谷駅

<ナレーション>「おやおや浜さん、今日は保土ヶ谷駅にいらっしゃったんですねぇ。
どこかお目当てのお店でもあるんですかぁ?」

浜さん ふっ

<浜さん>「ふふふ、お世話になっているクチコミのM先生から教えてもらってねぇ。厳選した50種類のグラスワインと、こだわりのパスタが楽しめるという事で、今日は保土ヶ谷まで来たって訳さ。」


<ナレ>「おやおや浜さん、50種類のグラスワインていうのは凄いでぇすねぇ!なかなかグラスワインをたくさん出してくれるお店は少ないですからねぇ。」

横浜保土ヶ谷のパスタとワインのお店「夏への扉」入口

<浜さん>「お!ここだ、ここだ!さっそく入ってみよう♪」

横浜保土ヶ谷のパスタとワインのお店「夏への扉」入口2

カラ〜ン、カラ〜ン


<店主>「いらっしゃいませ!どうぞ、お好きなお席におかけください。」

横浜保土ヶ谷のパスタとワインのお店「夏への扉」内装2

<浜さん>「やぁ、おいしいパスタ屋さんがあるとM先生から聞いてやってきたんだが・・・」

<店主>「おぉ!そうでしたか!M先生にはお世話になってまして。
今はランチをやっていますが、どちらになさいますか?」

横浜保土ヶ谷のパスタとワインのお店「夏への扉」ランチメニュー
浜さん目

<浜さん>「・・・・・・!?こ・・・これは・・・!?」

<浜さん>「ぶりと菜の花のアンチョビパスタ・・・と・・・
かぼちゃの・・・みそクリーム・・・!?」


<浜さん>「マスター、パスタに“みそクリーム”とは変わったパスタを作ってるんだねぇ!」

<店主>「そうですね。私からすると“みそ”を使うのはごく自然な事なんですが、驚かれる方が多いですね。」

<浜さん>「へぇ、そうなのかい?どんな味がするのか気になるねぇ!
じゃあ、そのみそクリームをもらえるかい?」

<店主>「かしこまりました。」

<ナレ>「おやおや浜さん、ちょっと面白いメニューのお店ですねぇ。さすがはM先生の紹介のお店ですねぇ。これは味の方も期待出来ますねぇ♪」

浜さん?

<浜さん>「・・・?」


ネコの飾り物

<浜さん>「マスター、このお店にはずいぶんネコの飾り物が多いねぇ。ネコが好きなのかい?」

<店主>「はい、ネコ大好きなんです!夜中に軒下にネコが集まったりしてるのを見ると、めちゃくちゃテンションあがってしまいます!」

<浜さん>「それで、ネコの飾り物をたくさん置いてるんだねぇ。」

<店主>「いやぁ・・・それが、これは全部いただき物なんですよ。
“夏への扉”というお店の名前に関係がありまして・・・
お客さんは若いから知らないかも分かりませんが、“夏への扉”というのは人気の小説からとったんです。
この“夏への扉”にネコが出てくるんですよ。」

小説「夏への扉」

<浜さん>「へぇ〜、そうなのかい。俺は小説とかはまったく読まなくてねぇ。」

<店主>「このお店の名前を出していると、小説の事を知っている方もよくお見えになりまして、よくお声をかけていただけるんです。」

ネコの絵

<浜さん>「なるほどねぇ。それにしても、そこからネコの飾り物をくれるなんて、浪漫のある話だねぇ!」

<店主>「はい。ありがたい事です。とってもたくさんいただいてまして、100匹までは数えていたんですが、さすがにもう数え切れなくなってしまいました・・・。」


<浜さん>「おぉ!そんなにいるのかい!数えきれないほどネコがいるなんて、浪漫だねぇ!」

<店主>「お待たせしました。“かぼちゃのみそクリームパスタ”になります。」

横浜保土ヶ谷「夏への扉」かぼちゃのみそクリームパスタ

<浜さん>「おぉ!きたきた♪さっそくいただこうか。」

浜さんキュピーン

<浜さん>「う〜ん!旨い!バター醤油の香ばしい香りとみその風味がとても美味しくて、最後に残るコクがたまらないねぇ!」


<店主>「ありがとうございます!」

<浜さん>「マスターはどこで修行したんだい?」

<店主>「はい、私はもともと“うどん屋”だったんですよ。」

浜さん驚愕

<浜さん>「え・・・!?うどん屋さんで修行してたのかい・・・?それがどうしてパスタを作る事にしたんだい?」


<店主>「はい、もともと大学時代から独立を考えていたんです。うどん屋さんで働くようになって、何料理で独立しようか考えていたんですが、一番食べたいのがパスタだったので、パスタにしたんです。」

<浜さん>「そうなのかい。でもうどん屋さんとは思えないほどパスタとして完成されているよ!」

<店主>「ありがとうございます!
パスタもあえて生パスタではなく乾麺にしています。もちもち感を味わいたいなら、うどんにすれば良いですから。」

<店主>「でも、もともとがうどんなので、うちのソースのベースは“利尻昆布”と“野菜ブロード”の出汁なんです。」
※野菜ブロード・・・野菜の皮などを塩で茹でた出汁

<浜さん>「へぇ〜、そうなのかい!すごい創作力だねぇ!
そしたら、このスープにもその出汁が・・・?」

<店主>「はい、もちろんです。」

<浜さん>「あ、そうだ!このお店はワインもこだわっていると聞いてきたんだが、このパスタに合うワインをもらえるかい?」

<店主>「はい、ありがとうございます!」

赤ワイン「藍茜」

<店主>「こちらなどいかがでしょうか?うちのパスタは和風出汁なので、国産のワインと良く合うんです。」

<浜さん>「なるほねぇ。じゃあ、それを。」


浜さんキュピーン

<浜さん>「う〜ん、確かにこのパスタに合うねぇ!甘い香りが強くて、すっきりしていて旨いねぇ!」

<店主>「気にいっていただけて良かったです。」


<浜さん>「ランチはいつもこのパスタなのかい?」

<店主>「いえ、ランチのメニューは日替わりで提供しています。夜の創作パスタは毎週必ず新作を創るようにしているんです。」

浜さん驚愕

<浜さん>「ま・・・毎週だって・・・!?」

<浜さん>「毎週新作を創るってのは、簡単じゃないぜ!マスター、あんた凄いねぇ!」


<店主>「いえいえ、同じ事をやっていると、そこで止まってしまうので。
毎週新作がある方がお客さんも楽しんでくれますから。
今では、レシピは2,000種を超えました。」

浜さんキュピーン

<浜さん>「う〜ん、まさに男の浪漫だねぇ!素晴らしい!」

<店主>「そうやって毎週新作を創っている中、完全オリジナルなのですが、お店のレギュラーメニューになった物があるんです。」


<浜さん>「へぇ〜、どんな料理なんだい?」

<店主>「パスタでは無いんですが、“ポルチーニのチーズグラタン”というのが大変ご好評いただいたので、レギュラーメニューにしたんです。
中にはおかわりしてくださるお客様もいらっしゃいました。」

<浜さん>「へぇ〜、そんなに美味しいのかい?気になるねぇ!それももらえるかい?」

<店主>「はい、ありがとうございます!」

<浜さん>「あ、グラタンだと時間がかかるかい・・・?」

<店主>「いえ、このチーズグラタンはすぐに出来ますよ!」

<ナレ>「おやおや浜さん、また調子に乗ってグラタンまで頼んで。全部食べれるんですかぁ?」

<店主>「お待たせしました。」

横浜保土ヶ谷「夏への扉」ポルチーニのチーズグラタン
※ポルチーニのチーズグラタン・・・980円

浜さん目

<浜さん>「・・・!?こ・・・これは・・・!?」

<浜さん>「グラタンていうのは、固まった物と思っていたけれど、これはスープ状なんだねぇ!」


<店主>「はい、うちのは小麦粉使って無いんです。“グラタン”を調べたら“オーブンで焼く”事を言うらしいんです。なので、小麦粉を使わなくても良いんです。」

<浜さん>「へぇ〜、そうなんだねぇ。では、いただいてみようかな。」

浜さんキュピーン

<浜さん>「う〜ん、旨いねぇ!見た目と違ってあっさりしていて、バターのコクが美味しいねぇ!パンもカリッとひと手間加えていて、ナスとズッキーニもアクセントになっている!人気なのもうなずけるねぇ!」


<店主>「気にいっていただけたなら良かったです。
チーズは“リコッタチーズ”とすりおろした“ペコリーノロマーノチーズ”を使っています。」

<浜さん>「う〜ん、さすがマスターの自慢の一品だねぇ!パスタの後なのにペロリと食べてしまったよ!」

<店主>「ありがとうございます。こちらはランチのデザートになります。」

横浜保土ヶ谷「夏への扉」ランチデザート

<浜さん>「おぉ、そうか!ランチにはデザートも付くのは嬉しいねぇ!どれどれ・・・」

浜さんキュピーン

<浜さん>「うん、旨い!ほどよい酸味とジャムの甘みが美味しいねぇ!」

<店主>「このジャムは私の母が作っているんですよ。」


<浜さん>「へぇ、そうなのかい。お母さんのジャムをデザートに使うなんて、粋な事するねぇ!」

<店主>「ありがとうございます!」

<ナレ>「おやおや浜さん、お昼から美味しい物をいただいて、ずいぶんご満悦ですねぇ。」

こだわりのパスタを食して、思い起こすは和の心。保土ヶ谷の地にも浪漫が灯る。

横浜保土ヶ谷のパスタとワインのお店「夏への扉」内装1

取材日:2016.1.27

店舗情報

店舗名夏への扉
住所横浜市保土ケ谷区帷子町2-47-4 国際会館1F
電話番号045-331-6446
営業時間ランチ・・・11:30〜14:30
ディナー・・・火〜土 18:00〜23:00
       金   18:00〜01:00
       日   18:00〜21:00
定休日毎週月曜日(祝日の場合は営業)
HPhttp://natsuhenotobira.com/

取材に協力していただいた店長の仁田さんから一言♪

夏への扉店長の仁田さん

<仁田さん>「ご家族連れからおひとり様まで いろんな方にご利用していただいています。
来ていただいた方の“笑顔と元気を増やす”が 店舗理念なので、よろしくお願いします。」