みなとみらいのナチュラル・フレンチ「Grandciar葉山庵」vol.2

葉山庵の前半部分はこちら⇒

ナチュラル・フレンチ「Grandciar葉山庵」入口

<店員>「では、コースを始めさせていただきます。
まずは、アミューズの“ポークリエット エクレア仕立て”です。向かって左から“いちじく”“グリーンペッパー”“コルニション(ピクルス)”になります。」

ポークリエット エクレア仕立て

<桜>「わぁ、アミューズから素敵な料理が出てくるのね!」

<浜さん>「ア・・・アミューズ・・・?」

<桜>「前菜の前の一品よ♪いただきまーす!」

桜キュピーン

<桜>「う〜ん、美味しい!いちじくは甘くて、グリーンペッパーは辛くて、コルニションは酸っぱくて!味が変わって楽しい一品ね♪浜ちゃんも食べてみてよ!」


<浜さん>「お・・・っ!そうだねぇ、パンもカリッとしていて、楽しめる料理だねぇ!」

<桜>「浜ちゃんのお口に合って、良かった♪」

<店員>「続いては“純白なカリフラワーのブランマンジェ キャビアを添えて”です。」

純白なカリフラワーのブランマンジェ キャビアを添えて

<桜>「わぁ、きれい!カリフラワーがスライスしてあるなんて、初めてかも!オードブルでキャビアなんて贅沢〜!」

<浜さん>「確かに、そうだねぇ。どれどれ・・・」

浜さんキュピーン

<浜さん>「うん、旨いねぇ!カリフラワーがしっかりと歯ごたえがあって、甘みがあるねぇ。」

<桜>「うん、パセリのソースもほんのり風味がして、中のフランマンジェもほのかな甘みですっきり美味しいわ!」


<ナレ>「おやおや浜さん、美味しい料理に調子が出てきたみたいでぇすねぇ。」

<店員>「続きまして“菜の花のブルーテ ハマチと山菜のルーラード 春の訪れ”です。」

菜の花のブルーテ ハマチと山菜のルーラード 春の訪れ

<浜さん>「おっ!ハマチにいくらとは、浪漫な料理だねぇ!」

桜キュピーン

<桜>「わぁ、美味しい!こごみや菜の花、イクラも全部違う味なのに、口の中で合わさって、絶妙の味わいになってるわ!ウドもシャキシャキ♪」

<浜さん>「あぁ、ハマチやイクラも新鮮で旨いねぇ!」


<ナレ>「おやおや、浜さんと桜さんのコンビネーションもばっちりですねぇ。」

<店員>「失礼します。」

浜さん?

<浜さん>「こ・・・これは・・・?」

<桜>「え・・・?どういう事・・・?」


グラス

<店員>「失礼します。スープを入れますね。“テ オ ヴォライユ”になります。“テ”というのが“紅茶”という意味です。」

グラス

<桜>「わぁ、面白ーい!ワイングラスがお皿の上に出されたから、びっくりしちゃった!」

<浜さん>「おぉ、スープをワイングラスで出すなんて、浪漫があるねぇ!どれどれ・・・?」

浜さんキュピーン

<浜さん>「うん、旨い!塩味控えめで鳥の旨みが凝縮している!」

<桜>「味付けをほとんどしていないのに、臭みがまったくしなくて、美味しい♪」


<店員>「続きまして“ブロッコリー・カニ・トマトのガトー 金柑のコンポートを添えて”になります。フランス国旗のトリコロールをイメージして創りました。」

ブロッコリー・カニ・トマトのガトー 金柑のコンポートを添えて

<桜>「わぁ、可愛いお料理ね!」

<浜さん>「ふふふ、ずいぶんオシャレな料理だねぇ!」

桜キュピーン

<桜>「う〜ん、美味しい!これはブロッコリーが主役なのかしら?カニの風味とよく合うね!」

<浜さん>「キンカンも甘酸っぱくて、旨いねぇ!」


<桜>「あ、浜ちゃん、ナイフとフォークを使っちゃったの・・・?このお料理はスプーンで食べるのよ。」

<浜さん>「おぉ、そうっだったのか・・・フレンチは使う食器も難しいねぇ。」

スッ

<桜>「わぁ、何も言わずに新しいナイフとフォークを持ってきてくれるなんて、スマートね!」

<浜さん>「ふふふ、細やかな気配りが嬉しいねぇ!」

<店員>「続きまして、“帆立貝と蕪のポワレ 生姜・シブレットの香り”になります。」

帆立貝と蕪のポワレ 生姜・シブレットの香り

<浜さん>「おぉ、これまたオシャレな盛り付けの料理だねぇ!どれどれ・・・?」

浜さんキュピーン

<浜さん>「うん、旨い!ホタテの旨みが濃くて、しょうがやネギとの相性が抜群だねぇ!」

<桜>「カブもみずみずしくて、小松菜も美味しいね!お皿も温めてあるのね。」


<ナレ>「おやおや、二人ともずいぶんご満悦の様子ですねぇ!でも浜さん、まだまだコースは続くんですよぉ。」

<店員>「続いては“鮮魚のア・ラ・ヴァプール アサリと生海苔のスープ仕立て ちりめんキャベツのブレゼを添えて”になります。」

鮮魚のア・ラ・ヴァプール アサリと生海苔のスープ仕立て ちりめんキャベツのブレゼを添えて

<店員>「途中でこのネギのオイルを入れてお召し上がりください。表情が一変しますよ♪」

<浜さん>「へぇ、それは楽しみだねぇ!」

桜キュピーン

<桜>「わぁ、美味しい!生のりの香りが立っていて、さっぱり和風味ね!ちりめんキャベツが食感のアクセントにになっているのも、楽しめるね!」

<浜さん>「あぁ、真鯛の味がよく分かる味付けで、アサリも新鮮で旨いねぇ!じゃあ、そろそろネギオイルを入れてみようかな。」


鮮魚のア・ラ・ヴァプール アサリと生海苔のスープ仕立て ちりめんキャベツのブレゼを添えて 浜さんキュピーン

<浜さん>「う〜ん、これはこれで旨いねぇ!」

<桜>「本当!和風味から中華風に変わった感じね♪」


<店員>「続きましてメインディッシュの“蝦夷鹿とマッシュルームのロースト 大浦牛蒡のピュレと共に 生アンコールペッパーの効いた赤ワインのソース”になります。」

蝦夷鹿とマッシュルームのロースト 大浦牛蒡のピュレと共に 生アンコールペッパーの効いた赤ワインのソース

<浜さん>「おぉ、いよいよメンディッシュだねぇ!」

<桜>「わぁ、美味しそう!」

蝦夷鹿とマッシュルームのロースト 大浦牛蒡のピュレと共に 生アンコールペッパーの効いた赤ワインのソース
桜キュピーン

<桜>「わぁ、美味しい!レアな焼き加減でとってもやわらかいわ!噛めば噛むほど旨味が出てくるね!」

<浜さん>「あぁ、このペッパーがピリッと辛くてアクセントになってるし、マッシュルームも旨いねぇ!」


<店員>「デザートをお持ちいたしました。“苺のスープ ミルクの淡雪と天使のクリーム”になります。」

浜さん目

<浜さん>「こ・・・これは・・・!?」




浜さんバースデーケーキ

<桜>「浜ちゃん、お誕生日おめでとう!」

<浜さん>「おぉ、そう言えば今日だったか・・・さんぽが忙しくて忘れていたよ。桜、ありがとな!」

<ナレ>「おやおや浜さん、桜さんにお誕生日のお祝いしてもらえるなんて、良かったじゃないですかぁ!」

<桜>「浜ちゃん、いつもありがとうね!私、浜ちゃんみたいな幼馴染がいてくれて、本当に幸せ。なんでも話せて、とても安心出来るの。」

<浜さん>「さ・・・桜・・・」

<桜>「これからも、仲良くしていこうね!」

浜さんキュピーン

<浜さん>「あぁ、もちろんさ!」

<桜>「うふふ、さ、デザート食べよ!」


桜キュピーン

<桜>「わぁ、何これ!すごーい!あわあわでスポンジもシュワシュワしてて、美味しい!」

<浜さん>「あぁ、あわの甘みとイチゴのほどよい酸味が旨いねぇ!」


<店員>「食後にコーヒーか紅茶をお持ちいたしますが、どちらになさいますか?」

<浜さん>「じゃあ、俺はコーヒーを。桜は?」

<桜>「私もコーヒーください♪」

<店員>「かしこまりました。こちらは“小菓子”になります。左から“オレンジのマカロン”“抹茶の生チョコ”“黒豆のフィナンシェ”になります。」

小菓子

<桜>「わぁ、デザートだけじゃなくて、コーヒー用のお菓子まで出してくれるなんて、嬉しいね!」

浜さんキュピーン

<浜さん>「うん、これも旨い!マカロンはオレンジの風味が旨いねぇ!」

<桜>「生チョコは濃くて味わい深いね!」

<浜さん>「フィナンシェ・・・?だったかな・・・?これはやわらかい黒豆とスポンジの食感の違いが楽しいねぇ!」


<ナレ>「おやおや浜さん、桜さんのお陰で、とっても浪漫的な誕生日になりましたねぇ。それでは後は若い二人にお任せするとしますか・・・」

みなとみらいの真っ白なチャペルが、二人の心を鳴らす。いつまでも浪漫が消えない様に・・・

取材日:2015.12.10

葉山庵の前半部分はこちら⇒

店舗情報

店舗名ナチュラル・フレンチ「Grandciar葉山庵」
住所横浜市西区みなとみらい5-3-1 Filmee 1F
みなとみらい線 新高島町駅 4番出口 徒歩5分
みなとみらい線 みなとみらい駅 2番出口 徒歩6分
営業時間 【ランチ】11:30〜14:00(L.O.)
【ディナー】17:30〜23:00(L.O.20:00)
定休日水曜日(祝日は営業)
電話番号045-227-3785
URLhttp://www.hayamaan.com/grandciar/

取材に協力していただいた総料理長の岩田さんから一言♪

ナチュラル・フレンチ「Grandciar葉山庵」総料理長の岩田さん

<岩田さん>「葉山庵では地元食材を中心に日本中・世界中からの旬素材を活かしたフランス料理をご提供しております。
素材そのものの味を活かすために生クリームやバターの使用を控えめにし、フレンチの調理法に限らず、和の調理法なども取り入れた体に優しいフランス料理です。
浜さんたちのように、記念日などのご利用の際には、サプライズメッセージや、サプライズ演出などのご相談も承りますのでお気軽にお申し付けください。」