横浜中華街の老舗 客船をイメージした Bar NORGE

横浜中華街門

<浜さん>「中華3,000年の歴史を乗せた風が、ここ横浜中華街には吹いている。横浜の浪漫を彩る一角がここ中華街さ。」

<ナレーション>「おやおや浜さん、今夜は中華街にいらしたんですね。早くも浪漫が溢れていますねぇ。」

浜さん ふっ

<浜さん>「ふふふ、こういう歴史を感じさせる土地には、年月を積み重ねた分だけの浪漫が詰まっているからねぇ。中華3,000年の歴史は伊達じゃないのさ。」


<ナレ>「そうですねぇ、確かに歴史情緒溢れる土地には浪漫が充満していますよねぇ。ただ・・・」

<浜さん>「ただ・・・?」

浜さんチーン

<ナレ>「横浜中華街自体の歴史は150年なんですけどねぇ。」

<浜さん>「・・・・・・」


横浜中華街 Bar NORGE 入口

<浜さん>「おっと、そうこうしているうちに目的地に着いちまった。」

<ナレ>「おやおや浜さん、今日はこのバーに行くんですか?ずいぶん雰囲気のあるお店じゃないですかぁ。」


<浜さん>「ふふふ、この店は船乗りの間じゃ有名なバーでねぇ。」

横浜中華街 Bar NORGE welcome

<店員>「いらっしゃいませ。」

<浜さん>「おや、新しい子が入ったのかい?」

<店員>「はい、ノルウェーから留学で日本に来ていて、このお店で働かせてもらっているんです。」

<浜さん>「おぉ、"NORGE"だからノルウェーの子ならうってつけだねぇ!」

<ナレ>「おやおや浜さん、"NORGE"がノルウェーの事だってご存知なんですね。」

<浜さん>「斉藤さんはいるかい?」

<店員>「はい、少々お待ちください。」

横浜中華街 Bar NORGE 店内

<ナレ>「おやおや浜さん、それにしてもオシャレな店内ですねぇ。」

<バーテンダー>「浜さん、いらっしゃいませ!久しぶりですねぇ。」

横浜中華街 Bar NORGE バーテンダー

<浜さん>「ふふふ、最近は取材やら漫画の執筆やら、仮病やらで作者が忙しくてねぇ。」

<バーテンダー>「そんな中来ていただいてありがとうございます!今日は何をおつくりいたしましょうか?」

<浜さん>「いつものノルウェーのカクテルを頼むよ。」

<バーテンダー>「かしこまりました。」

<バーテンダー>「お待たせしました。オスロでございます。」

オスロット 浜さんキュピーン

<浜さん>「う〜ん!これこれ!やはり仕事の後はこれを飲んで浪漫を注入しないとねぇ!」

<バーテンダー>「ありがとうございます。」


<ナレ>「おやおや浜さん、どんな味がするんですか?」

<浜さん>「これは・・・グレープフルーツだったかな。柑橘系の酸味と渋みがあいまって、とても美味しいのさ!」

<バーテンダー>「ありがとうございます。はい、グレープフルーツとオレンジのリキュールにライムを絞りました。このリニエというのがノルウェーのお酒でじゃがいもから作っているんです。」

<ナレ>「おやおや浜さん、そうこう言ってるうちにもうなくなってしみましたねぇ。」

<バーテンダー>「もう1杯おつくりいたしますか?」

<浜さん>「そうだねぇ。何か船をイメージしたようなお酒はあるのかい?」

<バーテンダー>「そうですねぇ・・・あ、”クォーターデッキ”と言うのがございます。」

<浜さん>「おぉ、良いねぇ!じゃあ、それを頼むよ。」

クォーターデッキ

<バーテンダー>「お待たせいたしました。」

<浜さん>「どれどれ」

浜さんキュピーン

<浜さん>「う〜ん、これも旨い!ラム酒やライムの酸味とほのかな甘みがミックスされていて、すっきり美味しいねぇ!」

<バーテンダー>「ありがとうございます。浜さんのお好みに合わせて辛口につくりました。」


<浜さん>「おぉ、さすが斉藤さんだね!」

<ナレ>「おやおや浜さん、美味しいカクテルにご満悦ですねぇ。ところで、最初に言ってた”船乗りの間では有名なお店”というのはどうしてなんですか?」

<浜さん>「ふふふ、ここ横浜は港町だからねぇ。昔は船が港に着くと、荷下しをして、荷物を積んでというのを人力でやっていただろ。そうすると港に船が着くと数日停泊をしていて、そういった船乗りがこのバーにお酒を飲みに来てたって訳さ。」

浜さん ふっ

<ナレ>「おやおや浜さん、意外と物知りなんですねぇ。関心しましたよぉ。」

<浜さん>「ふっ、まぁねぇ。このお店もノルウェーの船内をイメージして作られているのさ。」


<バーテンダー>「でも今は荷卸しや荷積みが機械化されて、港に船が停泊しなくなりました。なので、このお店にいらっしゃるお客さんも昔とは変わっています。」

ジュークボックス

<ナレ>「という事は、このお店は随分古くからやってらっしゃるんですか?」

<バーテンダー>「はい、設立40年以上になります。そこのジュークボックスも設立当初から使っていて、今も現役なんですよ。」


<ナレ>「へぇ、そんな昔のジュークボックスが今も使われているなんて凄いですねぇ、浜さん!」

浜さん驚愕

<浜さん>「!?」

<ナレ>「おやおや浜さん、まさか知らなかったんですか?」




今夜も産まれた浪漫はここ横浜中華街で大きく大きく育っていく。中華の歴史を体いっぱいに浴びながら・・・

横浜中華街 Bar NORGE らっぱ

取材日:2015.10.26

店舗情報

店舗名Bar NORGE
住所横浜市中区山下町217
営業時間月-金 18:00〜3:00
土 13:00〜3:00
日 13:00〜24:00
祝 17:00〜24:00
電話番号045-641-7020
平均予算2,000円
URLhttp://www.bar-norge.com/
FaceBookhttps://www.facebook.com/norge1972/?fref=nf

取材にご協力いただいた店長の木村さんから一言♪

横浜中華街 Bar NORGE 店長木村さん

<木村さん>「当店はチャージ料をいただいてないので、リーズナブルにお酒をお楽しみいただけます。
店内はとても雰囲気がありますが、アットホームなお店ですので、女性の方もお気軽にご利用いただけます。
船内をイメージした店内や、開店当初から使っているジュークボックスで素敵な夜をお過ごしください。」